脂性肌肌ニキビの原因と対策

ニキビと一言で言っても症状が起こる原因は様々です。例えば「脂性肌ニキビ」と「大人ニキビ」とでは、ニキビができる原因が異なります。脂性肌ニキビは皮脂分泌が多いことが引き金となり、ニキビができやすいというのが特徴です。毛穴にはアクネ菌という常在菌が住み着いているのですが、このアクネ菌は皮脂をエサとしています。

 

皮脂の分泌量が正常だとアクネ菌は悪さをしません。ですがエサの皮脂が増加するとアクネ菌も増えて、毛穴の炎症を起こすなどのトラブルを引き起こし、ニキビもできやすくなるのです。また顔の油の量が増えると毛穴も詰まりやすくなり、さらに肌トラブルを招きやすい状態となってしまいます。

 

一方、大人ニキビと言われるタイプは、ホルモンバランスの乱れで起こると考えられています。「大人」ニキビと言われているように、このタイプは20代以上の大人に起こりやすいのが特徴です。特に20代から30代の女性にできやすいと言われています。

 

女性はちょっとしたストレスでも、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいがちです。実は女性であっても体内で男性ホルモンが作られているのですが、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと男性ホルモンのほうが優位に働きます。男性ホルモンは皮脂分泌を増加させる働きがあるため、結果アクネ菌が増殖したり毛穴詰まりを起こすことで、ニキビができやすくなるのです。

 

どちらのタイプも皮脂がかかわってきますが、ホルモンが関わっているかどうかという違いがあります。

 

乾燥肌ニキビの原因と対策

乾燥肌ニキビは、肌が乾燥して水分が乾いて蒸発してしまい、ニキビになる事が原因です。この乾燥肌ニキビも大人ニキビと同じ様に保湿力を高めることにより、改善する期待を持つことが出来ます。乾燥肌ニキビや大人ニキビを出来ないようにするには保湿力を高めて、肌のターンオーバーを促すことが大切になります。ニキビが出来てしまった後は肌のターンオーバーがしない限り跡がきれいになることは難しくなります。肌のターンオーバーを上手くさせる事が出来れば、乾燥肌ニキビや大人ニキビが出来たとしても綺麗に落とすことが可能です。

 

その為にも規則正しい生活を行い、スキンケアをして行くことが大切になります。肌のターンオーバーは睡眠をしている時間帯に行われている場合が多いので、睡眠不足の状態では上手く行うことが出来ません。

 

またビタミンやミネラルなどの栄養も必要になりますので、それらの栄養補給を行うことも必要です。自炊をしていれば野菜などからビタミンやミネラルをとる事も出来ますが、外食が中心の生活の場合には注意が必要です。