ニキビ跡の原因

 女性はもちろん、男性でさえも生じてしまうとコンプレックスになり、人前に出る事に抵抗感を抱くようになってしまうのがニキビ跡です。

 

せっかくニキビが治りかけてきたのに、跡が残ってしまうとぬか喜びのような悲しい気持ちになります。

 

一言でニキビ跡とは言っても様々な種類が存在しますし、原因に関しても各々で違いがあるので正しい処置を施さなければいつまでも治らなかったり逆効果になる恐れもあります。

 

ニキビ跡が赤くなっている場合は、表皮内の毛細血管に血液が通っている事が関係しており、毛細血管を通る血液が透けて見える事により周辺が赤く見えるようになります。

 

赤色というのは人間が危機感を持ちやすい色味なので大変な症状になっていると思い込みがちですが、ニキビ跡については発症している炎症が治ってきている裏付けなので、そのまま現状維持を続け負担や悪影響になる事をしなければ、少しずつ赤みが見えなくなり完治に向かいます。

 

一方、ニキビ跡が茶色くなっている場合はメラニン色素の影響により色素沈着が起こっている事が原因であり、赤みを帯びている様子に比較すると完治を目指すのが難しいです。

 

その理由はメラニン色素により黒ずみが発症するシミを取り除くのが難しい事と同じ理由であり、肌のターンオーバーのレベルで対処をしていかなければなりません。

 

そして、ニキビ跡として最も強いイメージがあるクレーターはコラーゲンが不足している事により、正しく表皮を作り出す事ができなくなってしまう事が原因なので、個人的に完治を目指すのは困難です。

 

ニキビ跡の赤みの原因と対策

ニキビが赤くなって中々治らないという場合がありますが、実はニキビ跡の赤みである可能性があります。ニキビが炎症を起こして赤くなった状態と見分けがつきにくいですが、痛みがないのがニキビ跡の赤みの特徴と言えます。

 

ニキビが原因となり、肌の組織にダメージを受けた肌は、赤みのあるニキビ跡が残ることがおいです。赤くなるのは、炎症によって破損した組織を治すため、毛細血管が集中して増えて、集中するため血液の赤い色素が濃く見えるためです。ニキビが治っても赤みだけは残るので、ニキビ跡となります。

 

ニキビの跡は、時間が経つと自然に消えるものですが、赤く残るのは、初期症状なので悪化する前にケアすることで消えることが期待できます。

 

ニキビ跡を治すには、肌の状態を整えて肌のターンオーバーを正常にすることで、状態や年齢によっては治るためには半年から1年以上かかることがあり、食生活と生活習慣を見直して、正しいケアをすることで早く改善することが期待できます。

 

放置することでも治すことはできますが、時間はかかります。早く治すには、ビタミンC誘導体の配合された化粧水を使ったり、質の高い睡眠をとったり、食事などがポイントです。

 

肌のターンオーバーを正常にすることも大切で、肌を再生するには栄養バランスの整った食事をすることです。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCなどのビタミン群や亜鉛などのミネラルは新陳代謝に影響するので、しっかりと摂るようにします。皮膚科で治療する方法もありますが、自宅でも食生活や生活習慣を見直すことでニキビ跡の赤みを早く改善することができます。

 

色素沈着した茶色いニキビ跡の原因と対策

ニキビが出来てしまうと、赤く腫れるだけでなく跡が残ってしまうのが厄介です。ニキビ跡は時間が普通ならば消えるはずが、いつまでも残ってしまうことがあります。それはニキビが周囲の細胞を壊してしまうので、傷を治すために毛細血管が増えて肌を透けていることもありますが、色素沈着ということもあります。色素沈着ならば、ケアをすることで改善する事もできますから早めに対処したほうが良いでしょう。

 

ではニキビ跡の色素沈着の特徴は、どのようなものかというと、色合いはシミのような茶色です。その色合いを作り出しているのは、メラニン色素です。メラニン色素は紫外線を浴びると、肌が黒くなるのと同じで外部の刺激から肌を守るためのバリア機能です。

 

ニキビで起きる炎症は、表皮のメラノサイトを刺激します。メラノサイトから大量のメラニン色素が生成されます。健康的な状態であれば、ニキビが治まればメラニン色素は古い角質とともに垢として剥がれ落ちていくのですが、加齢やストレス、ホルモンバランスの乱れなどでターンオーバーができなくなってしまうと、いつまでも肌に残っていき色素が沈着してしまいます。

 

同じニキビ跡でも肌の凹凸については、ニキビによって破壊された真皮層は自然修復ができないのでいつまでも残りがちですが、色素沈着の場合にはターンオーバーを正常にすることができれば、綺麗な肌を取り戻すことは可能です。そういう意味で、あまりニキビ跡が出来たからといって悲観することはありません。

 

ニキビ跡のクレーターの原因と対策

ニキビが悪化してしまったり、ニキビの対処に失敗してしまったりすると、肌に凸凹ができることがあります。このように、ニキビ跡の凸凹した部分はクレーターとも呼ばれているのです。ニキビ跡のクレーターは見た目の印象が良くないため、何とか早くなくしたいと思う人が多いのですが、そう簡単にはなくすことができません。多くの人が苦労しているトラブルの1つです。基本的には、皮膚科などで専門的な治療を受ける必要があります。

 

まずは、ニキビ跡がクレーターになってしまう理由を考えなければなりません。ニキビ跡のクレーターの特徴は、皮膚の組織が破壊されてしまっていることです。皮膚の下にある組織が傷ついて凸凹した状態が生じます。そのため、この皮膚組織を修復するための治療を行うことが大切です。ニキビ跡の悩みにはさまざまな程度があり、軽いものであれば自宅でケアすることができます。しかしクレーターになってしまうと、皮膚科での治療が不可欠です。

 

ニキビに限らず、肌のトラブルに対処したいときは肌を清潔にしなければなりません。また、紫外線のように肌を傷つけるものから肌を守ることも大切です。肌の状態を整えるためには、規則正しい生活をするように心がけ、内側から修復することを考えていきます。

 

ニキビ跡のクレーターを改善させるためには、ビタミンC誘導体・グリコール酸・レチノールといった成分を取り入れることが大切です。これらが配合された化粧品を使用し、少しずつ改善させていきます。

 

ニキビ跡に効果的な化粧品ならこれしかない!

ニキビ跡をキレイにする化粧水 | クレーターでもあきらめないにきび化粧品記事一覧

ニキビ跡・ニキビ痕のケアにはリプロスキンがおすすめです。リプロスキンは、ニキビ跡の悩みを強力にサポートしてくれる化粧品で、たくさんの人に選ばれていて高評価で良い口コミや喜びの声が数多く存在します。それが、満足度96.1%、累計販売本数100万本突破という数値にもしっかりとあらわれています。雑誌などのメディアにも多数掲載されており、SNSなどでも話題です。リプロスキンの人気や満足度の高さに結びつく具...