にきびに効果的な石けん

ニキビは思春期のような若い世代に多く見られる肌トラブルなので、若さの象徴として好印象を持っている人も少なくありません。しかし適切な処理をするようにしないと、ニキビそのものを治すことができたとしても、跡が残ってしまうことがあるため要注意です。どのような対処方法を用いるかは人それぞれなので、肌の性質・強さなどを見て選ぶ必要があります。一般的には、洗顔料や化粧品などを用いて対処することになるのですが、石鹸でも対処することが可能です。

 

ニキビは肌トラブルの一種なので、まずは肌の清潔さを維持することが欠かせません。しっかりと洗顔することが大切です。洗顔するときに力強くゴシゴシとこすってしまう人もいますが、強い力で洗ったからといって汚れが落ちるわけではありません。むしろ力を入れすぎることで肌に刺激が加わり、余計に肌トラブルを引き起こしやすい体質になってしまうこともあるのです。洗顔するときは優しく丁寧に行うことを心がけなければなりません。

 

ニキビ対策の洗顔料を使う人が多いですが、角質ピーリングの効果が期待できる石鹸や皮脂バランスを調整する石鹸を使うことも効果的です。肌トラブルが起こる1つの原因は、古くなった角質がそのままになっていることなので、角質を除去することが欠かせません。石鹸を上手に活用することで、角質をスムーズに除去することができます。基本的には週1回の洗顔で十分です。使いすぎには注意する必要があります。

 

ニキビと洗顔料について

ニキビに効果的な洗顔料として意識をしたいのは、皮膚の状態に適した成分が含まれているかどうかです。皮膚の乾燥が招いたニキビの場合であれば、汚れを強い力で根こそぎ落とす洗浄力の高いタイプを選ぶと余計に状態は悪化をします。日頃から皮膚が乾きやすくそれが引き金になるなら、セラミドなどの打つおい成分入りを迷わず選ぶことです。真皮層の潤いを長い時間持続させることが得意なセラミドは、保湿成分の中でも最強だといえます。

 

同様に水分を抱え込む力に長けているヒアルロン酸、その2倍もの保水力を持つアセチルヒアルロン酸Naを含有するタイプも効果的です。オリーブや深海サメより取り出すスクワレンを、安定させたスクワランや、水分を角質層に閉じ込めるワセリンも乾燥肌には有効な洗顔料成分になります。毛穴奥でアクネ菌が増えてしまうことで炎症が起こり、化膿をすることがありますので、それを抑える成分も有効です。炎症を抑える効果だけではなく、保湿力も高いのはカンゾウ根エキスであり、白い素肌を目指す人にうれしい美白作用もあります。

 

皮膚の乱れやすいコンディションを整えるのが得意な、アミノカプロン酸含有のものや、アクネ菌が増えてしまうのを防ぐカミツレ花エキス入りもニキビの炎症を抑えるのが得意です。アクネ菌に働きかけて退治をする役割になるのは、繁殖を防いでくれる力を持つドクダミエキスであり、炎症も抑えてくれます。古くて硬くなった角質を柔軟にするためには、グリコール酸やサリチル酸配合も効果が高いです。

 

おすすめのニキビ石鹸と洗顔料

 

 プライマリーの薬用ニキビ専用洗顔石けん「NonA(ノンエー)は、着色料・香料・エタノール・鉱物油全て無添加のニキビ専用洗顔石けんです。7万人以上のご相談を分析し日本人の肌に合うように開発したこの石鹸は幅広い年代の方が愛用し、埼玉テレビ「アイ・コレ・アイ」でも紹介された注目の石鹸です。
商品価格:2,940円(税込)

 

 毛穴をふさぐ古い角質や過剰な皮脂を取り除いて、ニキビを予防します。キメ細かな泡で、にきびにも負担をかけずに優しく洗い上げます。どくだみエキスと天然温泉水を配合。薬効成分が大人のニキビ肌をおちつかせ、あれた肌を整えます。石けんのたっぷりモコモコの泡はニキビ肌にやさしい洗い心地です。
商品価格:1,260円(税込)